旅風景、ちいさな息子の日常も。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁をぶち破れ!!
007+.jpg
「槍ヶ岳」

鏡池に写る槍ヶ岳が撮りたくて、片道6時間をかけて歩いた。
その池に着いたとき、想像を絶するご褒美が…。と思ったけど、
実際は風が強くて池に槍が映らなかった(涙)


今日のかなと(0)

ぼーろちゃんを食べるの巻。

DSC_0870.jpg
ほりゃ

DSC_0866.jpg
「こりゃ、うめぇ」

DSC_00871.jpg
DSC_0872.jpg
「もっしゃもっしゃ」

さて、久しぶりに筋トレの記事を書こうかと思っている☆筋トレ仕事人☆です~。

今日はプラトー(停滞期)について。

まず

そもそも

停滞期ってなんぞ??

これは人それぞれ解釈が異なるとは思います

以下にあげてみた。↓


プラトーってばこんなもん?


1、重量の限界(MAX重量)の数字が上がらなくなった。例:100kgのバーベルは上がるが、それ以上の重量(105kgなど)になると上がらない。

2、筋肉痛を感じなくなった。

3、筋肉がパンプしない。


今回は1、のMAX重量について、自分が大成功したプラトー脱出法をお話いたします


私はこのくらいの体つきのころから筋トレして
PICT0049small.jpg
4年位前。

で、

そっからある方法を使って、

今は90kgを4回以上上げられるようになりました



今は
SA3B0130+.jpg
こんな感じです

参考にしたのがこの本



かっこいいカラダthe best (B・B MOOK 592 スポーツシリーズ NO. 465)かっこいいカラダthe best (B・B MOOK 592 スポーツシリーズ NO. 465)
(2008/12)
不明

商品詳細を見る


かっこいいカラダthe best(シリーズが14くらいまで出てるけどこれは、ほぼ全種目を網羅したベスト版)

2年前、このベスト版に出会ったのですが

その当時の重量が50kgが限界で、どうしても60kgのバーベルが上がらなかった

この本は、ほんとうに参考になりました

種目別に、こまかーく詳細なフォームがしっかり書いてあり、筋肉の働き、構造にいたるまで仔細に書いてる。

スゴイ本!!

筋トレのすべてが書いてある

って行っても過言じゃない。


そこに、バーベルベンチプレスのMAX重量突破について素晴らしい内容が書いてあった。

DSC_0523.jpg
「バーベルベンチプレス」


その方法こそが俺の成功例。今日紹介するプラトー脱出方法だ。

これこれ↓(かっこいいカラダthe best本文から拝借)
DSC_0930.jpg
あとで同じ写真を使って解説するね。(写真、俺の落書きだらけで本当にすみません)


例えの重量をあげると、あなたのMAX重量が現在70kgだとする。

今回紹介するプラトー脱出法は、簡単に言うと、3ヶ月かけて扱う重量のウェイトを少しづつ重くしていって、最終日(3ヶ月目)に、限界重量の70kgよりも5kg多い75kgを上げられるようにする方法。

たった5kgか

と思いますか?


じゃあ、これを1年にすると?

3ヶ月は年に4回あるから、5kgカケル4で

1年やりとおせば、で70プラス20kgの限界重量アップになるわけです

あなたが現在100kg上がる人なら、1年後にはかなりの確率で120kgを目指せる。

これはすごいと思いませんか

私は2年で50kgから、95kgくらいまで限界を上げることができました


あなたならもっといける!!


まず、週のうちでバーベルベンチプレスをやる日を2回に分ける。


例:月曜と木曜日。って感じで。


月曜に

ヘビーウェイトの日。

木曜に

ライトウェイトの日。

という風に。

下の写真を見て欲しいんです。表が上下に分かれてる。
DSC_0930.jpg



上の緑色がヘビーウェイト(Heavy Day)

下の黄色がライトウェイト(Light Day)

表は限界が100kgの人が105kgを目指す用になっていますが、あなたが70kg限界なら、表の数字に0.7をかける

WEEKは9まであるってことは9週間で、ウェイトのMAXを20kgのばすってこと。本の中には「残りの3週間は、回復期間として、軽いウェイトで行うようにする」って書いてある。

この筋トレ方法は、その日の筋トレでウェイトを4回変えて行う。

例:HEAVYの1日目は、写真の表だと、40/55/65がウォームアップ75kgで本番って訳。
ウェイトの隣に書いてある数字が回数

で、黄色のライトウェイトは(Stop and Go)って書いてありま

これはどういうことかって言うと、軽いウェイトだから、すばやく上げ下げしろ!ってことらしい。

下に簡単に解説しておいたから見てみください

DSC_0518.jpg
ここで、しっかり動きを止めて~~~(STOP)

DSC_0519yajirushi.jpg
一気に素早く!!持ち上げる。(GO!)

それで、STOP AND GO!!

なぜこんな動きが必要かというと、重量を上げるためには力だけでなく、神経系の強化っていう要素も大切になる。

分かりやすく言えば、運動神経みたいなものかな。

STOP AND GOは運動神経を上げるための動作だと思ってもらえばいい。

ちょっと長くなっちゃったけど、以上がMAXウェイトを上げるために俺がやっていることでした
ランキングへランキングへランキングへ

    
最後まで読んでくれてありがとね~♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。