旅風景、ちいさな息子の日常も。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カッコよくスーツを着こなしたい方へ
26.jpg
マミヤ7Ⅱ N50 VELVIA50 「牧場の目覚め」早朝、俺が撮影場所に着いたときに、牛が草にねっころばっていたから、そのレア写真を撮ってやろうと、そっと忍び足。三脚をいじくる音で、皆さん健やかに目覚められました(笑)あきらめて、牛の後ろに太陽を隠してカシャっとな。

DSC_0673.jpg
目覚めのかなと(0)「朝日浴びるソファと赤子」

shatunugu.jpg


すっごい大きな面積を占める筋肉なんです↓
DSC_0729.jpg
青いラインで囲っている部分が背中から見た僧帽筋。ダイヤモンドのような形をしています


ちなみに、コレが肩の三角筋。大きさが全然違います
SA3B0080.jpg

関連記事:三角筋の鍛え方はここを見てください
このプロジェクトは君の双肩にかかっている!



僧帽筋の特徴。

肩(三角筋)と、背中(広背筋)の「県境」みたいな、ポジションにおられるため、非常に誤解をされやすい
○「肩(三角筋)の筋トレの際に、間違えて僧帽筋を鍛えている人が多い」
ものすごい力持ち肩(三角筋)の2~3倍は力がある
てなわけで、僧帽筋の筋トレの代表選手、
バーベルシュラッグって種目を紹介します↓

この状態から~
DSC_0744.jpg
肩を真上にあげ、首をすくめる。この時に「アイ~ン」みたいにあごとか、首を突き出したりしない。とにかく真上。
DSC_0745.jpg
これを繰り返す。簡単でしょ?重さは、初心者でもかなりの重量を使っても、失敗はしない。重量目安、40kgくらいから初心者は、始めてみるといいかもしれません

【にほんブログ村】            【にほんブログ村】
ランキングへ     ランキングへ

    
最後まで読んでくれてありがとう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。