旅風景、ちいさな息子の日常も。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指を意識しろ!!
652.jpg
「楽園」栃木県 白根山近辺 マミヤ7 N50 もし楽園なんてものがどこかにあるとしたら、こんな感じかもなぁ?

読んでくれている、あなたにお知らせがあるよ!

今までサボっていた作業を、やっとこさ完了させました。
右側の「仲良しのリンク」
いつもコメントくださる、あなたのリンク、はらせてもらっちゃったよ!勝手にごめんね。
順番にはなんの意図もない。めちゃくちゃ^^;
もし、問題あるようならどうぞ、おっしゃってください。FC2は俺だけにメッセージを送ることも出来るから。
☆リンク先が間違ってる
☆こんなブログにウチのブログを載せるな
など。

これからもよろしくお願いします!


今日はかなとの指の話(0)
DSC_0318.jpg
お~、だいぶ小さくなったな、かなと。

ん?

あ、間違えた。

これは生後1ヶ月くらいの写真だった(笑)

実は、かなと(0)は生まれながらに他の人とは違うモノを持っていたの

それはね、「

「骨?ほねってなんじゃい」ってあなたの声が聞こえてきそう^^;

これ↓
DSC_0943.jpg

これは、かなとの足の写真。なにか、わかった?

そう、小指。太いでしょ?

かなり珍しいらしいんだけど、両足の小指に骨が指2本分ある。

分かりやすく言うと、足の指が6本あるんだって。両足ってのが珍しいんだと。

すごいよね~。最初聞いたとき、なんか感動したんだよね。そんなことがあるんだと思って。

ただ…。

ついこの間の検診の時に、「余分な骨は切らないと、成長の支障になる」って診断を受けちゃいまして。

う~ん、残念。靴はいたりする時、すれちゃうかもしれないんだって。

親として、切除って決断はけっこうつらいけど、かなと(0)のためには仕方ない。

てなわけで、今日はかなと(0)のセクシーショットを…↓
DSC_0666.jpg
まずはヒップから(笑)

で、これは、谷間↓
DSC_0596.jpg
見えそうで見えない。

DSC_0740.jpg

「かあちゃの調子があんまりよくないから、今日は、ばあちゃと一緒なんだよ~」



今日の筋トレはなるべく、さらっと(笑)

インクラインダンベルフライ

って種目。

大胸筋ってさ、あなたが思っているよりも大きく、広い筋肉なんだ。

ベンチプレスだけだと、大胸筋のすみずみまでは鍛えられないんだと。

そこで、ダンベルベンチプレスって種目をやったり、ダンベルフライってのをやったりするんだってさ。

それでも大胸筋を追い込めない。って場合。

今回の種目、インクラインダンベルフライが必要になる。

インクラインダンベルフライの特徴は、このポジションから↓
DSC_0790.jpg
手のひらを自分のほうに向けて、両手をはばたかせるように手同士を近づける。トップのポジションで親指同士をくっつけるような手首のひねり方で。角度をつけて行う。
DSC_0791.jpg

ベンチに角度をつけることにより、重力の方向が変わるため、大胸筋上部に効率的に効かせられる
大胸筋の上部(顔に近い部分)を鍛える種目。
ダンベルフライのときは、とにかく両手の指同士の近づけかたが大事。

「親指どうし」=大胸筋上部
「小指どうし」=大胸筋下部の輪郭


↓どちらでも好きなほうのボタンを押して、ポチっと応援してくださ~~い↓

【にほんブログ村】            【にほんブログ村】
ランキングへ     ランキングへ

    
最後まで読んでくれてありがと~♪

スポンサーサイト
ブルース・リーのカラダは痩せているのに、なぜ魅力的なのか
809+改
phto by ☆筋トレ仕事人☆ 涸沢 穂高連峰


今日も仕事中、筋トレのことばっかり考えていた☆筋トレ仕事人☆だよ。ぶったたいて~(笑)

今日はブルース・リーの筋肉の魅力を好き勝手に語っちゃおうと思う。(敬称略。俺はジークンドーを習っているため、彼は先生になるので、よびすてはしないのだが、読んでる人にとっては映画俳優、というイメージが強いと思う。だからブログではこう呼ぶ)

今日、仕事中に起こった出来事から話していこうかな。

取引先の職場に、タケジ(仮名)くんっていうおもしろ~い人がいる。プライベートでも遊んだりする友だち。車なんか、もらっちゃったりして、けっこう世話になってる。

この人、何がおもしろいって、自分が世界一カッコいいと思ってる。

口癖が、「俺ってばイケメン」

…。ま、確かにカッコいいんだけどさ。身長高いし、外人顔だしね。

でね、このイケメン、「筋トレ」のことを親のカタキみたいに思ってる。俺のことを「無駄マッチョ」って呼ぶんだからね。
タケジ(仮名)くんの2番目に多い口癖が「俺は天才だから、努力が嫌いなんだ」

そんな彼が、今日俺に言ってきた事。

「ちょっと、筋肉のこと教えて欲しいんだけど。俺さ、自分の筋肉がすごいってことに気づいちゃって、ここの筋肉の名前、なんていうの」って。

…人の筋肉には1μ(ミクロン)も興味ないくせに、自分のことになると、ガゼン興味を持ち始める。

自分の体を指差して「さわって~、さわって~ココ」と、ただをこねてくる。俺だってタケジ(仮名)くんと一緒で、男の体、触るのとか好きじゃないし。

あまりにしつこく頼み込んでくるんで俺はあきらめ、彼の胸の下、ワキに近いところをさわってみたところ、

「うん?」確かに…。あるね。モリモリッと。彼についていた筋肉がコレ↓


ブルース・リーズ・ジークンドー―ブルース・リーの素顔を交えて綴る最強のジークンドー入門書 (BUDO‐RA BOOKS)ブルース・リーズ・ジークンドー―ブルース・リーの素顔を交えて綴る最強のジークンドー入門書 (BUDO‐RA BOOKS)
(2007/05)
不明

商品詳細を見る


ブルース・リーの、伸ばした右腕の下のわき腹の上あたりにある鋸(ノコギリ)の様に、出ているイカツイ筋肉。これは胸の筋肉の一部なんだけど、ココの名を

前鋸筋(ゼンキョキン)っていう。あばら骨に沿うようについている筋肉だ。肩甲骨を広げる働きをするらしい。ブルース・リーはこの前鋸筋の発達がスゴイ。この筋肉、格闘技だとパンチ力を左右する、重要な筋肉。彼の絶大なパンチの秘密はこの見事に発達した前鋸筋なのかもしれないね~。

俺はブルース・リーのこの前鋸筋が一番好きだ。パワフルで、攻撃的で、いかにも「格闘家」っていう筋肉。

どちらかと言うと、やせているのに、没後40年近く経った今も、彼の肉体が世界の格闘家や、マーシャルアーツのファンや映画ファンから、「魅力的」と言われて、人気が途絶えないのは、この前鋸筋も一役かってるんじゃないかと俺は思ってるんだよね。

…て話をイケメンにしたところ、にわかに、にやけ始め、

「そうなの?俺、ブルース・リーと同じ筋肉が発達してるんだ~」とまんざらでもないご様子。みぞおちに近いあたりの腹筋も触ったところ、けっこう腹筋もカタイ。格闘家としての素質がありそうだが…。筋トレ嫌い、努力嫌いの彼が、そういう道にすすむことは300%ないだろう(笑)


で、例のごとく、前鋸筋の筋トレ方法(笑)

これは

ダンベルベンチプレス

という種目で鍛えられる。しかし、この種目、大胸筋を鍛える種目なんだよね~。じつは前鋸筋っていう筋肉は、大胸筋と一緒に動く筋肉。だから、大胸筋を鍛えれば前鋸筋も自然と発達する。ただし、前鋸筋を重点的に鍛える方法はある。
それは、今から説明するダンベルベンチプレスのフォームに少し工夫をするだけ。それは最後に説明するからまずは大胸筋を鍛えるフォームを見てみて↓


ダンベルベンチプレス(大胸筋の筋トレ)
d2.jpg
ダンベルを思いっきり、下げる~~~。ギリギリ、肩が少し痛くなるくらいまで下げる~~。

d1.jpg
ダンベルを上げる軌道は床に対して垂直にダンベルを上げていく~~~。頭のほうに上げたり、下半身のほうに上げないように。

DSC_0527.jpg
左右のダンベル同士はけっこう近づける~~~。なぜか?それは、上げた時、下げた時のダンベルを持つ手幅の自由さを利用するのがダンベルベンチプレスをする本当の目的だから。

手幅が固定されるバーベルベンチプレスでは効かない大胸筋の部位に刺激を与える事が出来るんだよ~。

分かりやすく言っちゃうと、
ダンベルベンチプレスをすると左右の大胸筋の真ん中の境界線をくっきり浮かび上がらせたり、下のラインを浮かび上がらせる事が出来る。ってこと。
SA3B0118++.jpg
こんな風に↑
バーベルベンチプレスについてはこれを見て。ブログ記事:筋トレの全てがここにある


最後に前鋸筋に効かせる方法↓。

ダンベルを押し上げたフィニッシュの時に、両肩をベンチから離すように上に押し上げる。と前鋸筋に効かせることが出来る。


古い記事でもランキングに反映するので、1日1回下のボタン3つとも押してくれると嬉しいです!!
ランキングへランキングへランキングへ

最後まで読んでくれてありがと~♪
筋トレの全てがここにある
hit500、行きました~。いままで応援してくれた、あなたのおかげで。本当にありがとう。ペコっ。

昨日とか、ちょっと嫌な事あって睡眠不足だけど、コメント送ってくれるあなたのおかげで、くさいけど勇気とか、元気もらえるんだよ。

さてと、500hit記念でなんかしようと思う。

絶対にあなたの役に立つ事

…そうだな、やっぱこれかな、うん。これしかない。

いままでやりたくてずっと特集できなかった、

バーベルベンチプレス。

この種目、大事すぎて気軽に扱えなかったんだよね。変な話だけど。ちょうど、ついさっき、眠くてふっらふら、のなか筋トレして終わらせた種目。今回の写真は撮りたてホヤホヤ(笑)


「筋トレ始めたいけど、何していいか分からない」とか、のんきな事を言ってるあなた。

バーベルベンチプレス、しよう。とにかく、バーベルベンチプレス。筋トレの歴史はバーベルベンチプレスから始まって、バーベルベンチプレスで終わる。

言うまでもないけど、大胸筋をモッリモリに鍛える種目。

SA3B0124.jpg

じゃあ、フォームね。
DSC_0523.jpg
↑バーベルを持つ時の手幅はこんな感じ。左右均等に持つ。

DSC_0518.jpg
↑バーベルを胸におろす~。
SA3B0124yagirushi.jpg
↑バーベルをおろす時にバーをこのあたりにおろす。みぞおちの少し上あたり。ここより、上でも下でもない。

DSC_0519yajirushi.jpg
↑「背中のシャッターを閉じるように、背中から力が逃げないようにあげろ」って、俺の筋トレ師匠(ボディビルダー)が言ってた。面白い表現。あげる時、軌道が床に対して垂直になるようにあげる。頭のほうにあげたり、下半身のほうにあげたりしない。とにかく床に対して垂直。最初は、壁などを基準にあげる軌道が床に対して垂直か確認しながらあげる。

SA3B0130.jpg
↑フォームを覚えてちゃんとやると、こうなる。

誤解を恐れずに言えば、忙しく働くあなたのような仕事人は、バーベルベンチプレスだけやっていても、ある程度のかっこいい体になれるはず。それぐらい、すごい種目。

最初は30kgぐらいで、フォームになれて、体に覚えさせて。
覚えたら、10回がギリギリぐらいのウェイトでやる。10回を3~5セットくらいが目安。

「上半身の70%の筋肉はバーベルベンチプレスで鍛えられる」

って、俺の筋トレ師匠が言ってた。それぐらいすごい種目。

古い記事でもランキングに反映するので、1日1回下のボタン3つとも押してくれると嬉しいです!!
ランキングへランキングへランキングへ

最後まで読んでくれてありがと~♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。